2017.03.18 小さい春
うちのベランダの植物にも 小さい春 がやってきました。
都会のマンションの、猫のひたい程の物干し場ですが...

満開の ローズマリー
DSCN1364_convert_20170318215348.jpg


そしてシクラメンの、 『お局さま』  
1週間前から室内へ入れました。わが家での開花 11周年。
DSCN1377_convert_20170318215810.jpg

昨秋の肥料が少なめだったせいか、例年より小ぶりですが、それでも直径50cm。


それから、たった1個だけ実った キンカン
DSCN1374_convert_20170318215741.jpg


アゲハのサナギは2つ。段ボールに入れて越冬させましたが
DSCN1367_convert_20170318215542.jpg

先日確認したら、ひとつはダメになっていました。
DSCN1368_convert_20170318215615.jpg
色が変わって完全に死んでしまっています。
寄生虫かどうか、原因はわかりません。

よって、無事に越冬した蛹はひとつだけ。
DSCN1369_convert_20170318215651.jpg

そしてですね、昨年末にジャガイモを大量に頂きました。
残念なことに、もらった時すでに芽が出ていた!…ので
おすそ分けすることも出来ず、食べ切れなかったものを仕方なく、空いていた鉢に埋めてみました。
捨てるわけにもいきませんからね。

そうしたら、まぁ葉っぱが茂って
DSCN1365_convert_20170318215509.jpg

こんな感じのが2鉢あります。
私ったら、ジャガイモを栽培してしまいました!
これはどうなるんでしょうか?
花が咲いたら収穫できる?


スポンサーサイト
前回に続いて、チェコのチェンバロ奏者ルージチコヴァのインタビュー、後半訳。長い文章ですが、もしお時間があればどうぞお読み下さい。
1945年にナチ収容所から生還して、プラハ音楽院で学ぶようになった所から先を読んでみます。

zr.jpg

ピアノ科の学生になったルージチコヴァはすぐに頭角を現し、チェコフィルとの共演も実現する。しかしバッハの作品を演奏する時には、ピアノという楽器では限界を感じて満足できなかった。おりしも音楽院にチェンバロのクラスが開設されたのを機に専攻を変え、チェンバロ奏者ズザナ・ルージチコヴァが誕生する。彼女の弾くバッハのイタリア協奏曲第2楽章(ゆっくりした音楽)は、チェンバロではあり得ないほど歌に満ちた美しいものだった。

1956年、西ドイツで開催されたチェンバロコンクールで優勝。ファイナルの演奏がきっかけとなり、フランスに留学する奨学金を取得することができた。パリでチェンバロを学ぶという彼女の夢が、大戦という災禍をまたいで、ついに実現したのだ。

ドイツ国内で演奏する時、ルージチコヴァの心中は複雑だった。
あるコンサートで、聴衆の中にアルベルト・シュペーア(ヒトラーが最も寵愛した建築家)がいたと知ったルージチコヴァは、ぞっとするような、おぞましい気分になった。 「ナチスの人々が高い教養をもっていたとか、楽器を美しく奏でる能力があったとか、到底肯定できません。彼らは精神を病んでいて、音楽を以てしても救うことは出来ないのです。ゲーテやシラー、トーマス・マンやバッハを輩出した民族が、あのように野蛮になれること自体、私たちはいまだ理解できていません。戦後もなお、全ヨーロッパがユダヤ人に起こった出来事に目をつむったのです」。

ルージチコヴァを精神的に救ったのは、夫で作曲家のヴィクトル・カラビス(1923-2006)だった。彼は亡くなるまでずっと、「なんでも自分に話してしまいなさい!」と妻に言い続けた。ルージチコヴァの収容所体験のトラウマを解くこと、彼はそれを人生の課題と考えていたのだ。
vk_convert_20170302235601.jpg (カラビス氏、 CDジャケットの写真)

夫の言葉と並んで救いとなったのは、音楽自身がもつ言葉である。彼女の弟子エスファハニによると、『半音階的幻想曲とフーガ』について、かつてルージチコヴァが次のように話したという。
「フーガの前に置かれた幻想曲は『嘆き』なのです。バッハ自身、多くの悩みを抱えた人物でした。フーガに入ってテーマが再登場する時、それはこう言っているのです。『きみは地面の上の小さな虫けらに過ぎないのだよ。しかし、きみの存在を高みへと昇華してくれる秩序がここにある。それは人間的なものを、精神性へと高めてくれる救いなのだ』と」。

チェコスロバキアでは1948年から1989年まで、共産主義体制が続いた。ルージチコヴァの名声が確立して以降も、党員に属していないという理由で、夫婦とも低い身分と見なされていた。 「共産党員以外は第二ランクの市民とされていました。『プラハの春』以降今でも、共産主義とも資本主義とも違う第3の道を、私たちは探し求めているのです」。 (彼女が音楽院で教授に昇格したのは、共産主義体制崩壊後、1990年以降のこと 訳者注)

ルージチコヴァに聞きたいことは尽きない。祖国について、夫であったカラビス氏の音楽について、同世代の作曲家たちについて、インタビューを受ける彼女の前に置かれた写真の数々… リヒテルと並んでいる写真、少女時代に撮られた家族の写真、お爺ちゃんの横で笑っている少女… これらすべての経験は、彼女の音楽に昇華されたのだ。

収容所に着いた時に握りしめていた楽譜、彼女のお守りとなった曲「バッハ:ホ短調サラバンド」。ルージチコヴァの演奏を聴くと、落ち着いたテンポで、悲しすぎず主観的過ぎず進み…..しかし最後にたった一音、バッハが書かなかった音が弾かれる。その一音Gis(ソ♯)によって、サラバンドは希望に満ちたホ長調へ転じて終わっている。(ホ短調の第三音であるソをソ♯にすると、ホ長調の主和音になる 訳者注)


翻訳終わり
いや、なかなか大変な翻訳でした。えらいこっちゃった。肩がこりましたです。
昨年、ズザナ・ルージチコヴァ90歳記念としてバッハ全集が発売されまして、このインタビューは、その紹介を兼ねて行われたものです。
なお、文中に彼女の使用する楽器についての専門的な記述がありましたが、長くなるのでその部分は割愛しました。もしチェンバロの器種云々について書かれた部分にご興味がある方がいらっしゃいましたら、コメント欄でご一報くださいね。
原文(ドイツ語)は こちら
ツァイト紙に、チェンバロ奏者 ズザナ・ルージチコヴァ (1927~) のインタビューを見つけました。
ルージチコヴァはバッハ演奏の第一人者として世界的に活躍した方、いえ、今でも活躍している方です。ちなみにチェンバロというのは、ピアノの前身にあたる、豊かな音のする鍵盤楽器。バッハ(1685-1750)の時代は一番使われていた楽器でもあります。今でもバッハの曲は、じつはチェンバロで演奏するのが一番正統派なのです。
 
200px-Deless-10.jpg

ルージチコヴァの名前は私もよく知っていますが、彼女がアウシュビッツの生還者とは知りませんでした。驚きです。1927年生まれですから、アンネ・フランクの2歳年上にあたりますね。記事を訳してみましょう。
以下訳文

プラハの閑静な通りの建物、7階の一室。黒い杖をついた90歳になるルージチコヴァが出迎えてくれた。華奢で上品、年齢を感じさせない素敵な笑顔でいきいきとして見える。彼女こそ、アウシュビッツから生還し、チェンバリストとして第一線で活躍し、『チェンバロの貴婦人』と称えられるまでになった女性である。

ruzickova_convert_20170217221952.jpeg

少女時代のことから話が始まった。
「私の父はピルゼンで、祖父から受け継いだ玩具・宝飾店を経営していました。母は店を手伝うかたわら、時々ピアノを弾いていました」。一人娘のズザナはピアノを習い、ドイツ人の家庭教師が勉強を、父親が英語を教えた。音楽好きな祖母と一緒にオペラを観に行くこともあった。「ポップミュージックも聴きましたよ。でも一番夢中になったのはバッハでした」。

避暑地のホテルで休暇を過ごしていた時のこと、11歳のズザナのピアノを聴いた客のひとりに、トーマス教会カントール(音楽監督)ギュンター・ラミンがいた。「お宅の娘さんの弾くバッハは素晴らしい!」。くったくのない両親はこのことを、娘に話さなかった。

やがて、ランドフスカ(当時のチェンバロ第一人者)の録音に傾倒したズザナは、ピアノ教師の勧めもあって、義務教育終了後にパリのランドフスカのもとでチェンバロを習うことになった。
「でもその時ナチスがやってきて、予定はすべて引っくり返りました」。

ユダヤ人であるという理由で、まずピルゼンのギムナージウムに通えなくなった。やがて一家はユダヤ人としてテレージエンシュタットへ移住させられ、そこで父親が死亡。
「この時はまだピアノがあって、弾くこともできましたし、状況はいつか良くなると希望を持っていたのです。でも段々と、東へ移送される人々に悲劇が起こっていることを知りました。そして私の身にも。1943年12月、母と私はアウシュビッツへ収容されることになり、友人たちが荷造りを手伝ってくれました。私はたくさんの楽譜を入れようとして、みんなに『これは必要ないだろう』と言われました。15歳でした」。

彼女はバッハのイギリス組曲第3番サラバンドの譜面を手荷物に入れた。
「シンプルで悲しみに満ちていて、本当に好きな曲だったからです。家畜列車に閉じ込められて運ばれた3日間、食事も飲み物も与えられず、死にそうにのどが渇いていました。母の横に座って、私はひたすらサラバンドの譜面をながめて…….頭の中でずっとバッハの曲を弾いていたのです。アウシュビッツに着いて、犬の吠え声とナチスのどなり声の中でトラックに押し込まれた時も、楽譜を手にしていました」。

「私たちのブロックは病人用で、向かいに子供の収容棟がありました。幸いなことに私は子供たちの世話と教育係という仕事を与えられました。これはスープの量が増えることを意味しているのです」。

「1944年6月、ナチスが健康な女性1000人、男性3000人を必要としているという知らせが入りました。選別の列は左右へ分けられてゆき、母と私は右へ進みました
。(1941年から1945年にわたる、連合軍によるハンブルグ空襲の瓦礫撤去作業だと思われます。訳者注)。
私たちは素手で瓦礫を片付け続けました。凍えるような寒い季節も作業は続き、私はすっかり手を壊してしまいました。戦争が終わって解放されたのはベルゲン・ベルゼン収容所へ移ってからのことで、私は18歳でした。(ベルゲン・ベルゼン収容所はアンネ・フランクが亡くなった所。訳者注) イギリス兵がやってきて、私にたばこを差し出したのです」。ルージチコヴァは今でも愛煙家だ。

戻ってきたズザナを見て、ピアノ教師は泣いた。『ズージちゃん、こんな手になってしまって….』
「手を壊してしまいましたが、音楽のない生活など想像できませんでした。本当に初心に戻って易しい曲から、毎日10時間から12時間練習しました」。
1947年には室内楽のコンサートに出演できるまでになった。ある日のこと、プラハの音楽家がルージチコヴァの弾くショパンの「華麗なる変奏曲」を聴き、ギムナージウムを終了していない彼女がプラハ音楽院で学べるよう尽力してくれた。

翻訳終わり
ルージチコヴァの演奏はYouTubeで聴くことが出来ます。
美しいフランス組曲、お聞きになりたい方はどうぞ。



その後の人生や音楽について、記事は続きます。興味深い内容なので、次回に翻訳を続けたいと思います。(訳が難しい部分もあって、うまくいくかどうかわかりませんが…)
長い訳文、お読み下さって有難うございます!
今回はコメント欄閉じさせていただきますね。

記事原文(ドイツ語)は こちら
2017.02.14 翻訳中
ただ今、ツァイト紙のインタビューを翻訳中。
目標は木曜日更新です。
2017.02.05 シュピーゲル
トランプ氏の大統領就任以来、みんな振り回されてますね。
何なんでしょうか、あのヒトは。
これが4年も続くんでしょうか? ほんとに?

さて、ドイツの新聞雑誌の中でも、格式と販売部数を誇るのが、
週刊誌 『デア・シュピーゲル』
毎週110万部も売られているそうです。

そのシュピーゲル誌電子版をながめていたら、ケッサク 傑作 なイラストが目に入りました。
紙媒体の、実物のシュピーゲル誌、2017年第6号、その表紙です。ねぇ、見て!


 DSCN1358_convert_20170205000249.jpg

うん、ほんとに......