2018.02.22 葛西選手
オリンピックで日本の選手が活躍していますね!
日本のジャンプ界レジェンド・葛西選手について、ドイツのツァイト紙が大きく紹介していましたよ。

記事では葛西選手をDer ewige Kasai と呼んでいます。
直訳すると 「永遠の葛西氏」
この ewig という形容詞には、単なる長期間という意味を越えて、「不滅」に近い意味が込められていると思います。
しかも、この記事は愉快なアニメーション付き!
一応リンクはっておきますね。(2月10日の記事です)
記事を開くと自動的にアニメがスタートして、彼が空中にいる時間がカウントされていく仕組みです。
葛西選手がいかに長時間 「空中にいた」 か、動画の長さで表されているようです。
クリックしていただくと、アニメ付き記事に飛びます。
こちら

以下ツァイト紙の訳文。
平昌でのインタビュー場面から始まります。

noriaki-kasai_convert_20180222204750.jpeg

葛西紀明と、飛行の夢

日本のスキージャンプ選手・葛西紀明(45)は、8度目のオリンピック出場選手である。30年間に及ぶキャリアで、彼はどれほど長く飛んだのだろうか?
平昌で葛西選手に尋ねてみた。

気温マイナス10度。体感温度はさらに低い。
そびえ立つジャンプ台の下でかれこれ15分間も葛西は雪上に立ち、インタビューに答えている。
われわれの質問に葛西はニヤリと笑い、考える。
その質問とは…… 「30年間に及ぶキャリアで、飛んだ距離の合計は? あなたが空中にいた時間の合計は?」

しばらく考えて彼は答えた。
「たぶん、世界を一周するくらい飛んだかも」

葛西は世界選手権に13回、ワールドカップに537回参加している。生物学的に驚異的であるばかりか、観衆に愛される選手であり、ジャンプ台のマスコットとも言える存在である。彼はいつでもそこにいる。

それにしても本当の所、彼はどれだけ飛んだのだろうか?
私たちは彼の競技記録の数字を足し算してみた。
すると、ジャンプ数は1272回、 飛行距離は15万6000m(=156キロメートル)という数字となった。世界一周まではいかないものの、ベルリンからマグデブルクの距離にあたる。

そして総飛行時間の換算は、約96分間。
96分もの間、葛西は空中を飛んでいたのだ。
数え切れないほどの回数になるであろう練習・プローベ・予選でのジャンプは、上の数字に含まれないので、おそらく実際はこの50倍ほどはあるだろう。
私たちは記事に載せたアニメーションで、彼の飛行距離を表現してみた。

葛西はまるで、どんどん若返っているように見える。その若々しさの理由を尋ねると、彼はそういう遺伝子なのだろうと答えて、微笑む。慎重なたどたどしい英語も彼の好感度に貢献する。

ほとんどすべてのライバルたちは、彼「Nori」の息子の世代なのだ。
オーストリアのシュテファン・クラフトは「ジャンプで手を下向きに構えるやり方は、葛西選手を見習いました」と語る。
すでに引退したスヴェン・ハンナバルトも、ツァイト紙のインタビューで、「葛西は私より以前から選手であり、一緒に飛んだ時期があり、そしていまだ現役で飛んでいるのです」と語っている。

訳文おわり(長い記事なので、ここまでにします)
どれだけ飛んだ? というのはなかなか面白い視点ですね。しかも粋なアニメーション♡
平昌ではメダルを取れませんでしたが、まだまだ活躍してくれそうですね(^^)


スポンサーサイト
2018.02.01 足底腱炎
先週の大雪の数日後のこと。
快晴の昼下がり、少し離れたスーパーへ歩いて買い物に行きました。

日陰の歩道は凍結路だったりしますが、氷の上を気を付けて歩いて帰宅。
その後、気分よく家事をしていると........ 何だか右足の甲が痛い💦

何だかなぁ~ と、たいして気にせずにいましたが、痛みはどんどんクレッシェンド。
夜7時頃には歩くことも出来ないほどの痛みになりました。数時間前は何ともなかたったのに

その晩は何もできず、とにかく早寝。

翌朝痛みはかなりひきましたが、足は腫れています。
お医者様の診断は、足底腱炎

理由ははっきりしませんが、多分底の薄い靴で歩き回ったので冷えたのでしょう。
足の裏も相応に年をとっているってことですね。
用心して底のしっかりした靴を履くべきでした。

1週間後の今日も、まだ少し痛い
みなさん、お気をつけください。


2018.01.23 ひと晩の居候
昨日はたいへんな雪でした。
たまたま仕事がオフだったので私は家でくつろいで過ごしましたが、みんな難儀しましたよね。

雪の降りしきる夜10時ごろ、ちょっと用事があって外へ出ようとマンションの玄関を通ると、郵便受けのすみの所に段ボールが置かれ、そこにハトがいました。

あらっ!と思ってよく見ると、羽がかなり濡れています。
誰かが、行き倒れになったハトを拾って、段ボールにタオルを敷き、そこに置いたのでしょう。
タオルの上にはパンくずが置いてあります。
都会も捨てたもんじゃありません(^^)

段ボールのふちにぼんやりと留まっているハトを横目に、外に出ました。

用事を済ませてマンションの玄関に戻ると、ハトはタイルの上に立っています。さっきよりは顔つきがしっかりしているようです。
ハトは裸足ですからね、冷えるのではないかと老婆心で、小さいタオルを持ってきて足元に置いてやり、もしかして食べるかもと「ハトムギ」を少しタオルに置きました。

1時間してカメラを持って見に行くと、ハトは床ではなく段ボールにとまっていました。
CIMG0485_convert_20180123223747.jpg

嬉しいことに、私以外にも誰かが見に来ているようで、ハトのお尻の下の位置に糞受けの紙が置いてあります。野鳥が屋内にいるのをいやがるような人もいるでしょうから、これは適切な心配りですね。

何も食べてはいないようでしたが、見た感じしっかりしてきたようなので、ほっとして家に戻りました。

CIMG0486_convert_20180123223701.jpg

翌朝、段ボールも片付けられてハトの姿もないので、おそらく自然に帰れたのでしょう。
雪の日の出来事でした。



職場の面々の出身地は、日本全国に散らばっています。

それで正月明けには、面々が持参した手土産が事務所のテーブルに山になります(*^_^*)

CIMG0482_convert_20180110210936.jpg

持ち帰ったものを並べてみました。
右上から時計回りに

十勝チーズ入りせんべい

岩手のリンゴせんべい

大阪お好み焼きせんべい

岡山きびだんご

黒糖ドーナツ棒(どこのだったかな)
熊本と判明、追記

京都のあられ

山形「だだっ子」(だだちゃ餡の饅頭)

写真には載ってないけどほかに、博多もん、ういろう、etc......

お好み焼きせんべいが意外にいける( ^ω^ )
博多名物「博多もん」は私の好物です。
それから、山形の「だだっ子饅頭」がおいしかったですねぇ。だだちゃ豆の餡が珍しいです。
知らないけど美味しいお菓子ってけっこうあるもんです。

次はお盆明けが楽しみだ
明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

新年2日のこと、夜道を照らす月があまりに明るいので、思わず上を向いてパチリ。

CIMG0475_convert_20180104194426.jpg

これ、あとでわかったのですが、スーパームーンだったのですね。
バカチョンカメラで月の撮影なんてトーゼン無理で、
何だかよくわからない写真ができました、ハハハ


さて、新年なので縁起良さそうな写真をひとつ。

CIMG0471_convert_20180104192431.jpg

これは フランクフルタークランツ というドイツ菓子です。
昨年お菓子教室で 私が焼きました。
          ↑
 (正直に言うと、…ほぼ先生が焼いた💦)  

CIMG0472_convert_20180104192510.jpg

クランツというのは 冠 とか 栄冠 という意味です。

名前の由来は、昔々、神聖ローマ帝国皇帝の戴冠式がフランクフルトで行われていたから。
豪華さを感じますね~   味もずっしり重めです。

表面のトゲトゲは、アーモンドにカラメルをコーティングしてから砕いたもの。香ばしいカリカリした歯ごたえになります。

CIMG0474_convert_20180104192533.jpg


さて、明日は … 仕事はじめ
今年も元気で頑張れますように!