2017.06.26 ツマグロさん
私はけっこういい歳ですが、いくつになっても思うのは.... 

人生は一難去ってまた一難!

事情はこうです。
今年はベランダの山椒の木にしっかり防虫網をかぶせ、アゲハ幼虫のお世話からやっと解放されました。
ところがですよ、半年前の1月のこと。
職場の角っこに誰も手入れをしない花壇がありまして、むき出しの土がさびしいので、ビオラの花鉢を買ってきて植えました。

私が植えた花なので、仕事の往き帰りに花殻を摘んだり、気にかけていました。
そして今、咲き続けた株も植え替え時。
シャベルで掘り返そうと思ったら..... 

ぎゃ~~~っ! 
真っ黒い毛虫がいくつも!!
これはですね、ツマグロヒョウモンの幼虫にちがいない。
ものすごく気持ちの悪いやつです。黑くてトゲトゲがあって、赤い線がある。
写真は載せませんよ。ゾッとしますからね。(私もゾッとしてます)

ツマグロヒョウモンといえば、ひと昔前は山地にいる蝶、都会にはいない蝶でした。
しかもこれは、「私のビオラで育ったツマグロヒョウモン」 ということになります。
我慢していくつかの毛虫をうちに持って帰り、ケースに入れておきました。

CIMG0246_convert_20170626231316.jpg

ツマグロさんのサナギは、不思議な突起があります。
金属ではないけれど、どう見ても金属的。
CIMG0259_convert_20170626231402.jpg

この金属的突起が金色はメス、銀色はオスなのだそうです。

そして、ツマグロヒョウモンが羽化しました!
CIMG0263_convert_20170626231429.jpg

CIMG0272_convert_20170626231453.jpg

CIMG0275_convert_20170626231521.jpg

これはメスさんですね。思ったより大きな蝶です。そして美しい!

ツマグロさんは蝶にはめずらしく、メスの方が派手な柄をしています。
オスは、黑い部分が少なくて、ヒョウ柄のみだそうです。

しかしねぇ、これほど気持悪い幼虫をうちに持って帰るとは.....
このような災難があるとは、ビオラの苗を買った時には想像もしませんでした。

ツマグロさんの食草はスミレの葉っぱです。最近のガーデニングブームで、庭先のパンジーで幼虫が育ち、都会で見られるようになった蝶なのだそうです。来年はビオラを植えるかどうか考えないとなぁ。。。。。
スポンサーサイト
2017.04.28 春の旅立ち
うちのベランダの越冬サナギが、ついに蝶になりました!

越冬蛹は今年ひとつだけ。
冬の間、蛹のついた割りばしを植木鉢に挿し、段ボールのふたをして真っ暗にしてベランダのすみに置いておきました。

越冬蛹くんの場合、気がかりは「早すぎる羽化」 です。
4月上旬は暖かい日もあるけれど、春の嵐や寒の戻りで、あまり気分よく送り出せませんから、なるべく4月半ばまで眠っていてほしい.......
そろそろよいかな.....と、段ボールのふたを取り、光を入れたのが4月10日。
2週間ほどで、蝶の姿が透けて見えてきました。

4月24日
 CIMG0062_convert_20170428210555.jpg
翌日羽化するのがわかるほど姿がはっきりしたので、割りばしを植木鉢に挿しておきます。

4月25日
朝、今にも羽化しそうな感じになってきました。
CIMG0066_convert_20170428210625.jpg

1時間後、
蝶になっていました!
CIMG0067_convert_20170428210657.jpg

10月末から半年、よく生き延びてくれました
その後仕事に出かけてしまったので、旅立ちは見届けられませんでしたが、暖かな日差しをあびて飛んで行ったことでしょう。


外は雪&北風です。
さて、とても寒いので、アゲハの話題を…(笑)

目下ぴんぷす家には、一頭のアゲハ成虫が居候しています。困ったもんです。

DSCN1298_convert_20161124173344.jpg 
(11月24日撮影)

このヒトは9月半ば、まだ暑い時期に飼育していたもので、ほかの幼虫たちが次々羽化していく中を何を思ったか、ひとりだけ越冬蛹になってしまったそそっかしいやつです。

越冬蛹になるかどうかは、幼虫時代の 積算光量積算温度 で決まると言われています。まだ暑かった時期にこの個体だけなぜ越冬を選んだかは、全くわかりません。このままいくと、6~7か月間サナギで生きることになります。大丈夫なのでしょうか?

数日前、危惧していたことが起こりました。
この越冬蛹が熟して、黑い羽根が透けて見えてきました。これは羽化確定のしるし。1週間前に20度近い日が何日かありましたから、春になったと勘違いしたのでしょう。輪をかけてそそっかしいやつです。

DSCN1283_convert_20161124154919.jpg(黒い羽が透けて見える)

さて、どうする?
放蝶するか飼うか。
寒波も予想されているこの時期さすがに放蝶はしのびなく、サナギを室内に入れ、飼育ケースを用意しました。

今日で飼育5日目。ハチミツ水(蜂蜜を8倍の水で溶く)は一日2回。
口吻をようじの先で誘導して水面につけると、「駆けつけ三杯!」と言われたみたいに、グビグビ飲みます。
DSCN1291_convert_20161124155116.jpg

ケース飼いでは暴れて羽が痛むだろうと思いましたが、気温が低いせいか全く飛ばず、花にとまって機嫌よく(笑)暮らしている感じです。運動不足…というよりは、やはりちょっと生命力弱めな感じです。
DSCN1286_convert_20161124155039.jpg

雪は夕方になって、やっと小止みになりました。
2016.09.23 再びのご縁?
壊れたルーターに悩まされた5日間。
このところ毎日、雨つづきでしたね。お日様はどこへ行っちゃったんだろうと思いましたです。うちでは洗濯物が山に….トホホ

小雨の降る先週日曜日のこと。
仕事帰りに職場の植え込みを通りかかると、草の上にアゲハ蝶がとまっていました。顔を近づけても動きません。雨つづきで弱っているのかなと思いつつ、そのまま帰宅しました。

翌日も朝から雨。
夕方歯医者からの帰り道、職場の植え込みのアゲハ蝶はどうしたかしらと回り道してのぞいてみると…. まだ同じ所にいます! 昨日からの冷たい雨で、弱って飛ぶこともできないようです。うちでハチミツ水でも飲ませてみるかと、つまんで持って帰りました。

近くでよく見ると、このアゲハは触角が2本ともない! 根元2ミリくらい残っているだけです。

DSCN1230_convert_20160923225207.jpg 
(机にたらしたハチミツ水を飲んでくれました)

触角がないとどんな不便があるのかわかりませんが、もう飛べないようです。応急処置して放すことは無理だとわかりました。ハチミツ水をのませ、花鉢にとまらせておきます。最後の数日かもしれないけれど….少なくともここは雨はかかりません。

DSCN1236_convert_20160923225325.jpg

朝と晩にハチミツ水(蜂蜜を8倍くらいの水で溶いたもの)をあげるうちに慣れてきて、私が手に乗せると、ミツをさがして口吻を伸ばしてきます。
DSCN1234_convert_20160923225810.jpg

     **********************************************
今日9月23日、あれから4日たちました。
仕事から帰ってみると、アゲハは花の上に座ったまま動かなくなっていました。
DSCN1237_convert_20160923225357.jpg
(花の上で大往生)


この蝶をひろったのは私の家から歩3分ほどの所です。
この子は、私がお世話して巣立って行った子でしょうか? 
その確率は100分の1? 50分の1?
近所でアゲハを見ることはほとんどないので、確率はもう少し高いかもしれません。
8月下旬から9月上旬うちから巣立っていったアゲハ38頭は、もし生きていたとしても、今回の長雨と低温を生き延びることはできず、全員死んだことと想像します。この子がその1頭だとしてもおかしくないでしょう。そんなことに思いをはせた数日間でした。
2016.08.29 羽化ラッシュ
8月中にお世話していたアゲハ幼虫。ここ数日、羽化ラッシュを迎えています。

8/22 割りばし+紙で作ったポケット
DSCN1178_convert_20160829001305.jpg

「今日羽化する」という色になったら、朝のうちにベランダの植木鉢に、割りばしを挿しておきます。

8/25 第1陣は 3頭 
晴れた空に元気に飛んでゆきました。
DSCN1182_convert_20160829001444.jpg
しばらくの間、ベランダの近くを飛び回って、幸せな旅立ちになりました。

8/27 朝  第2陣 5頭
雨がぱらつくお天気です。 
DSCN1185_convert_20160829001547.jpg

8/27 15時  3頭はこのままベランダでひと晩過ごしたようです。
DSCN1191_convert_20160829001920.jpg


さて、ここからが 悩ましい羽化 になります。
台風が近づいて、生き延びるには厳しい環境が待っています。
8/28  夕方  第3陣  5頭
夕方から雨が強くなりました。2日後は台風の予報です。2日間の命かも知れません。
DSCN1196_convert_20160829001957.jpg
生きる力を信じて、無事を祈って、見送るしかありません。

台風の前日と当日に羽化する蝶をうちで留め置くために、段ボール箱をもらってきました。