2017.03.30 環境の仕事
今日は ドイツではお馴染みの職業のご紹介です。この仕事、日本ではまず見かけません。あのディズニー映画「メリーポピンズ」にも出てきました…
煙突掃除人 !
ドイツでは伝統的な職業のひとつで、地方ごとに「煙突掃除協会」もあるし、かっこいい制服もあるし、職業訓練校には煙突掃除訓練生がいるのです。もちろん男女共学!

今日はドイツの放送局のサイトから、職業紹介の記事を訳してみました。以下訳文


煙突掃除人… 高い所で環境保護をになう
220px-Schornsteinfeger,_Wanfried,_Deutschland,_IMG_8113_edit


煙突掃除人といえば、暖炉や煙突を掃除する人… というのは昔の話。
今では安全・環境・エネルギー分野のエキスパートとして、設備の維持管理や排気ガスの測定などを行う職業である。

「おはようございます」  煙突掃除人ユリアンが、顧客の家を訪問する。3階の天窓に梯子をかけて屋根へ上がり、瓦の上を注意深く歩く。17歳になるユリアンは、まだ職業訓練2年目の見習いだ。「マイスター試験」に合格した同僚と一緒ならば、仕事を請け負うことが出来る。安全ベルトなどはつけずに屋根の上を歩く仕事なので、注意深さと平衡感が必須だ。煙突掃除が終わると、次は地下室でたまった煤を掻き出して捨てる作業だ。

次の仕事は親方ノエ氏と一緒に、新しい暖炉の点検作業。ドイツでは新しく暖炉を設置すると、使う前に煙突掃除人が点検する法令があるのだ。ユリアンは定規を手に、暖炉とその周りの可燃物との距離を測る。環境汚染物質がないことを確認。次は暖炉から煙突内部を専用カメラで撮影し、電線や損傷がないか確認。すべてOK。親方ノエ氏が、「暖炉使用可(まきを燃やしてもよい)」証明書を顧客に手渡して仕事は完了だ。

煙突掃除人の仕事の要は、環境保護にある。彼らは現行の法律や政令を熟知している人なのだ。それぞれの暖炉で、基準を越える物質が排出されていないか測定し、環境破壊を防ぐ。訓練生たちは、そうした知識を職業訓練校でたたきこまれる。
220px-Defektes_Abgasrohr_einer_Gas-Heizung.jpg

220px-Kaminfegerausbildung-2008_09_10_038.jpg


訓練生3年目になる18歳のパトリックを現場で指導するのは、女性煙突掃除マイスター(親方)のベティーナ。一軒家の地下暖房室で、一酸化炭素や二酸化炭素の値、排ガス温度などを測ったり、農家の燻製室を清掃点検する。ここフランケン地方では、燻製室のある家が多く、年に一度の点検は必須なのだ。屋根裏にある燻製室は幅1.5m 高さ2mほどで、30分ほどの作業が終わる頃には作業服が燻製臭になり、顔には煤がつくが、パトリックは気にしない。これが仕事なのだ。
schornsteinfeger_metallrohr_convert_20170330203855.jpg

パトリックは言う。「汚れるし、夏の屋根の上はものすごく暑いし…この仕事は体力に自信がないとだめなんだ」。

翻訳おわり
ベンツやBMWの国で煙突掃除…というと驚かれるかも知れませんが、これは決して古くさい仕事ではないんですね。
環境の仕事だからこそ、女性も加わるようになっているのでしょう。
画像はヘッセン職業訓練学校HPならびにWikiからお借りしました。
翻訳原文は こちら
スポンサーサイト
2017.02.05 シュピーゲル
トランプ氏の大統領就任以来、みんな振り回されてますね。
何なんでしょうか、あのヒトは。
これが4年も続くんでしょうか? ほんとに?

さて、ドイツの新聞雑誌の中でも、格式と販売部数を誇るのが、
週刊誌 『デア・シュピーゲル』
毎週110万部も売られているそうです。

そのシュピーゲル誌電子版をながめていたら、ケッサク 傑作 なイラストが目に入りました。
紙媒体の、実物のシュピーゲル誌、2017年第6号、その表紙です。ねぇ、見て!


 DSCN1358_convert_20170205000249.jpg

うん、ほんとに......





2016.10.04 異常気象
今日は9月26日のヴェルト紙電子版から翻訳です。

「2016年の夏は自然界に何をもたらしたか」
日本と同じようにドイツでも、「こんなこと滅多にない」という異常気象に悩まされた夏だったようです。日本では当たり前の「蚊」が話題になるのは、やはりドイツだと思いながら訳しました。
以下訳文


5月~6月の長雨と竜巻、つづく夏場の熱波・豪雨・蚊の大量発生.... 2016年夏は理想には程遠いものだった。

.高温と高湿度を享受したのは、両生類と一部の昆虫たち。なかでも、水たまりに卵を産む蚊にとっては「宴の夏」となった。
その反対に、ミツバチの個体数は大きく減少。雨の間は蜜集めに飛び回ることが出来ず、多くが飢えて死に、コロニーが縮小したのだ。
fledermaus2016_convert_20161003232449.jpg

鳥類とコウモリにとっても厳しい夏だった。
「とくにコウモリについて、私たちは心配しています」と語るのは、ドイツ自然保護協会調査員のリンダーマン。調査員らは、長雨で餌がとれず弱った個体、飢え死にした個体を多く見たという。5月から6月はコウモリの出産直前の時期で、栄養不足は胎児にも影響があったと思われる。
またアカトビなどの猛禽類は巣が開いた形状であるため、多くのヒナが長雨による低体温で死んだ。

Red_Kite,_Spain_convert_20161003234734(この画像はWikiより)

個体数が健全に保たれている種ならば、一回の異常気象を難なく乗り越えられるが、絶滅が危惧される種…たとえばヒメキクガシラコウモリなどの場合、そのダメージは計り知れない。

また北海・バルト海の藻類にも異変が起こった。例年9月に見られる植物プランクトンの大発生が6~7月に始まった。これは豪雨により畑の土壌から多くの肥料分が川へ、しいては海へと流出したためである。大発生したプランクトンはいずれ海底へ沈んで微生物によって分解されるが、その際に大量の酸素を消費するため、海中に酸素不足のゾーンが出現する。それによって魚が大量に死んだ。
Blaualgen-auf-der-Ostsee-Satellitenaufnahme_convert_20161004000302.jpg
 (植物プランクトン大発生のバルト海衛星写真、ヴェルト紙の記事より)

また氷河の状態も懸念される。「今年の夏、雪が例年より長く氷河上に残ったので、氷河の溶けるスピードはにぶりました。しかし10年単位で見れば、氷河の状態はネガティブです。氷舌が伸びるためには長期の変化をのぞまねばなりません」と、氷河学者のフス博士は言う。
夏の異常気象によって、さらにどんな変化が起こるかはわからないが、蚊の大発生については来年も覚悟したほうがよさそうだ。

翻訳おわり 訳文は短めに要約してあります。  
日本の蚊除けスプレーをドイツで売れば儲かるんじゃないかしらん...?(笑)

原文(ドイツ語)は こちら
8月26日のシュピーゲル誌に興味深いニュースが載っていました。
「ルートヴィヒ2世の精神病説くつがえるか? 最後の自筆書簡公表される」

19世紀バイエルンの王様ルートヴィヒ2世をご存知でしょうか? 
ドイツの ドル箱 観光名所であり、あのディズニーランドのシンデレラ城のモデル、ノイシュヴァンシュタイン城を作った王様です。
Castle_Neuschwanstein.jpg お城は山の上にあります

こちらが、そのハンサムな王様! (1845-1886) 享年40
バイエルン王
第4代バイエルン国王ルートヴィヒ2世。

ワーグナーの音楽と美しい城を愛した王様は、築城に執着して国費をじゃんじゃん使い続けていました。それを危惧した反体制派によって捕えられ、精神異常者であるという名目でシュタルンベルク湖畔の城に幽閉されます。翌日、医師とともに湖畔の散歩に出かけたまま帰らず、翌朝になって二人とも溺死しているのが発見されました。
暗殺なのか自殺なのか… 王は本当に精神錯乱に陥っていたのか….???
 (その後政権は叔父のルイトポルト王子のものになります)。

500_39393731_convert_20160911002026_convert_20160911002518.jpg 遺体発見場所に立つ十字架

なぞを解くかもしれない自筆書簡。日本でいえば、明智光秀が謀反の前に書いた手紙が出てきたとか...^^  
以下シュピーゲル誌の訳文

ludwig_convert_20160910193708.png

この手紙は1886年6月10日(亡くなる3日前)に、いとこフェルディナンドに宛てて書かれたものである。文面が証明するのは、王が身に迫る危険、つまり退位のもくろみを認識しており、その認識力に問題がなかったことである。手紙には「恥知らずな陰謀! 裏にはルイトポルト王子がいる!」「自分が精神病者であるという噂が意図的に流された」と書かれている。

王は6月9日に禁治産者であると宣告され、13日に湖で死体が発見された。
なぞの死については、自殺説を含めたさまざまな憶測が存在するが、もっとも有力なのは次の説である。

『王は築城に惜しみなく金をつぎ込んだ。度を越した浪費に危惧を抱いた家臣が、王を禁治産者として退位させる計画を持つ。精神科医グッデンが、王が精神異常であると鑑定。絶望した王は発作的に錯乱状態に陥り、湖で自殺する。その際、付き添いのグッデン医師も巻き添えで溺死させられる』

またそれとは別に、湖畔のボートハウスで狙撃者が待ち伏せし、岸辺で撃たれたという暗殺説がある。目撃者である医師も、口封じのために一緒に殺されたと考えられる。
以下は今回公表された手紙原文。

いとこよ! 急いで書くゆえの悪筆を許してほしい。今日とんでもないことが起こった。暗くなってから厩の者が城まで登ってきて報告したところでは、恐ろしいことに、大臣はじめ大勢の者が集まって、私の馬車と馬を山上の城から密かに運び去るよう指示したというのだ。私をリンダーホフ城へ連れてゆき、そこに幽閉し、退位させようとしているらしい。恥知らずな陰謀だ! 黒幕はルイトポルト王子だろう。地元の憲兵たちが抵抗して、事態を阻止し、反動者を逮捕してくれた。この話はさしあたり公けにせず、信頼できる者を頼って調査してほしい。こんな下劣な話があるだろうか! 
なんと恥知らずなことだろう。私の健康状態に関する悪いうわさが、意図的に、金を使って広められているのを知っていたが、一言たりとも真実を含んでいない。悪意に満ちたものだ。たくらみに光を当てねばならない。
鉄壁の信頼をもって...   ルートヴィヒより   1986年6月10日
〈鉛筆での追記〉 やつらは夜中に私を襲い、捕えようとしている!!!


この手紙を公表したのは、政治家ガウヴァイラー氏で、長年にわたりルートヴィヒ2世の名誉回復のために努力をしてきた人だそうです。
少なくとも王は危険を察知しており、精神錯乱に陥っている感じはないですよね。捕まる直前に手紙を書き、信頼できる従者に託したのでしょうか。破滅的な浪費をした王様ですから倒されるのも時間の問題だったかも知れませんが、長~い目で見ると、城はものすごい額の観光収入を、国にもたらしているでしょう。皮肉なものです。

私は5月にミュンヘンに行った時に、「ルートヴィヒ2世生誕の間」と、「王の棺」を見学しました。
下はミヒャエル教会に安置された棺。
524-1_20160530001306592.jpg
王様ここに眠る。

長い記事をお読みくださって有難うございます!!
原文(ドイツ語)は こちら
今日は終日雨で気温も下がり、ほっとする一日でした。
ツァイト紙オンライン版から、蚊の話題を訳してみましょう。
かなり長い記事なので、抄訳です。  以下訳文


仕事が早く終わった夏の宵、戸外の芝生に友人たちが集う時、いつもワタシを中心に輪ができる。ワタシは不思議な魅力を持つひとりだから。そう、蚊を惹きつける魅力にあふれているのだ。みんなが気持ちよく飲み物を楽しんでいる横で、ワタシは蚊を叩くのに余念がない。「あなたは血が甘いのよ」とか「ニンニクを食べると蚊が来ないらしいよ」などと言われながら….

蚊に刺されやすいかどうか、どこで決まるのだろうか… 科学的な解明を求めてイギリスとアメリカの科学者グループが研究を行い、蚊に刺されるリスクが体臭と関係があること、さらにそれは遺伝したものであるという結果を発表した。

250px-Aedes_aegypti_biting_human.jpg (ネッタイシマカ)

研究者らは18組の一卵性双生児(遺伝子型がほぼ同一)と19組の二卵性双生児(異なる遺伝子型)に被験者になってもらい、実験を行った。Y字形をした特製シャフトを用意し、その中にネッタイシマカを放す。Y字の分岐の先には、それぞれペアーの双子が腕を入れるように設定した。蚊はY字路から先、好きな匂いの方へ進むことができる。

すると、一卵性双生児では刺される頻度が同じだったが、二卵性の場合は蚊の寄りつき頻度に明らかな違いがあった。『刺されやすさリスク』の度合いは遺伝によるものであると、論文では結論している。それがどの遺伝子によるのか、今後の解明が必要となる。研究者のひとりローガン博士は言う。「こうした研究は将来、蚊を寄せ付けないオーダーメイド薬品開発や、蚊が媒介するデング熱などを防ぐのに役立つはずです」。

この実験で被験者は全員女性、年齢は50歳から90歳の双子だった。年齢については月経による影響を排除するため、閉経後の双子が選ばれた。男性の双子は同じ人数を探し出せなかったので行っていない。今回は被験者が女性のみであり、人数も少ないことから、限定的な結論と考えるべきだろう。

アジアに生息する蚊は、道路工事用中古タイヤとともに海を渡ってドイツへやってきた。アジアのどこかで、在庫として積まれた古タイヤ内に蚊が卵を産み、搬入されたドイツで孵化して成虫になったものだ。ネッタイシマカ以外にもドイツには多くの蚊・ブヨなどが生息し、それらがどのように刺すターゲットを選んでいるのか、研究が続いている。今わかっているのは、体臭・体温・呼気中の炭素量が刺されるリスクと関係していること。

250px-Anopheles_stephensi.jpg (ハマダラカ)

さて、蚊に刺されやすいと自認する人たちにとっては、その「才能」がどうやら生まれながらのものらしいという、何の慰めにもならない事実がわかった。女性に限って言えばリスクがもうひとつ。妊娠している人はある種の蚊に刺されやすいという調査結果が存在する。
最後に….. 2010年に「ビールを飲んだグループ」と「しらふ」という比較調査があり、酔っぱらいは多く刺されることがわかっている。ビアガーデンでは要注意。タダ飲みの「はしご」を楽しもうと、招かれざる小さな客たちが飛んでくるかもしれない。

翻訳終わり
蚊が入った筒に腕を入れる被験者にはなりたくないなぁ....(笑
長い記事 お読み下さって有難うございます!

上の気持ち悪い画像2枚はウィキより拝借しました。
原文(ドイツ語)は こちら