fc2ブログ
旅の3日目 (実質的には観光2日目)
この日はウィーンを離れて、90km西にあるメルクという街へ行きました。
目的は メルク修道院 (さらに言うと、その教会を見て、パイプオルガンを聴くこと

修道院全景

修道院は11世紀に建てられ、18世紀にバロック様式に改築されました。
マリー・アントワネットはパリに嫁ぐ時、この修道院に一泊したそうです。

まずは 起点となるウィーン西駅へ。
メルクまでは、急行(インスブルック行き)で ザンクトペルテン まで行き、さらに各駅停車に乗り換えです。

インスブルック行き

ヨーロッパの列車ですね~  時間になると何のアナウンスもなく、スーッと列車が動き出します。2等車両はほぼ満席でした。
車窓から見える美しい風景を眺めながら....
インスブルック行き急行

…気持ちよく乗っていると、突然列車が減速。
「駆動装置の具合が○○で、しばらく停まります。ご理解を」 とアナウンスがあって15分停車

やっと走り出しましたが、ザンクトペルテンで乗り換えの各駅停車には間に合わない遅れです
どうしようかなぁと思いつつザンクトペルテン到着、ホームに降りました。やれやれ….

すると一緒に降りた人たちが、いっせいにホームを走り出しました。はっとして見ると、向こうの方に列車が見えます。もしかしてあれが各停かもと、一緒になってバタバタとホームを走って乗り込みました。
急行が遅延したら、各停は待っている… この国は何かと鷹揚です

無事メルク駅に到着 修道院に入場しました。
私自身の目的は、教会で12時から行われる「ミサで鳴り響くパイプオルガンを聴くこと」。

見学コースは長い回廊に添って歴史的な品々が展示されていて、世界中からの観光客でいっぱい。
回廊

細かい展示物はザーッと見て、団体さんを追い越してどんどん進みます
ベランダから見えるメルクの美しい町並みを見て…
メルクの町並み

「大理石の間」の天井フレスコ画(トローガーブルーと呼ばれるそうです)を観て...
marmorsaal.jpg

とうとう教会にたどり着きました! ミサが行われています。間に合った 
ミサ
(写真が曲がっているのは、カメラの調子が悪くて仕方なく、自撮り専用ipodで撮ったから)

観光客は一番後ろの出口付近に立ってミサを見学することができます。
私もそーっと柱のかげに立つと、じきにパイプオルガンが鳴り始めました。
3500本のパイプから響く音が、大伽藍に響いています。

melk25.jpg

威圧的な音ではありません。すばらしくまろやかな、包み込むような天上の音色。私はクリスチャンではありませんが、自然に涙が出てきました。ここまで足を運んで良かったと思いました。

この日は雨で、気温も10度そこそこ。風邪をひきそうになりながらウィーンに戻りました。
下は夕方のウィーン。現地在住の同級生と食事しようと、シュテファン広場で友達を待っている時のもの。きたないジーパンよりスカートがいいかなと、少しおしゃれして….. どこかの国のおじさんがシャッターを押してくれました
シュテファン前350
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://olive510.blog.fc2.com/tb.php/368-c2cf7b56