fc2ブログ
2015.07.30 馬のささやき
オーストリアの新聞をながめていたら、ほわほわのフラミンゴの写真が目に飛び込んできて、思わず和んでしまいました。

フラミンゴ450

これはウィーン・シェーンブルン動物園のフラミンゴのお子ちゃまだそうです。
小さいうちはこんな地味な色をしているのですね。
ところで、この動物園はいろいろなワークショップをやっているようです。面白そうなテーマのがありますね。内容をちょっと読んでみましょう。以下訳文

子供のためのワークショップ 『馬とコミュニケーション』  
     所用時間 1時間半  料金59ユーロ
pferdefluestern2.png

馬たちと会話してみよう!
馬は、目の前にいる人間のボディーランゲージを理解できるという特殊な能力を持っています。馬どうしも互いに会話しあっていて、人間はそれを学ぶことができます。ワークショップの参加者は、この能力をとくに持っている馬と、1対1の「会話」を経験できるのです。これは最新の動物行動学とコミュニケーション理論に基づいて行われるもので、団体「e.motion Equotherapie」の協力を得て行われます。

翻訳おわり
Equotherapie は辞書に載っていない言葉ですが、馬とふれあい、気持ちを伝えることで何かを治療する手段のようです。訳語はちょっとわかりません。
そこで、それを行っているe.motionという団体のHPをのぞいてみました。するとそこに大変興味深い言葉がつづられていたので、ここに訳を載せてみますね。
    
私は何も話さない     
      馬はそれに答える
私は話そうとしない
      馬は問いかける
私は答えようとしない
      馬は話しはじめる
私はそれを聞こうとする
      馬の話はとぎれる
そこで私は話し始める

ちょっと禅問答みたいですけど、でも馬とのコミュニケーションをうまく表現しているのではと思います。
馬とコミュニケーションをとるワークショップですが、月に1~2回のペースで、9月まで満席。人気があるようです。
今日はウィーンの話題でした(^^)
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://olive510.blog.fc2.com/tb.php/376-f0509c6b