fc2ブログ
前回に続いて、チェコのチェンバロ奏者ルージチコヴァのインタビュー、後半訳。長い文章ですが、もしお時間があればどうぞお読み下さい。
1945年にナチ収容所から生還して、プラハ音楽院で学ぶようになった所から先を読んでみます。

zr.jpg

ピアノ科の学生になったルージチコヴァはすぐに頭角を現し、チェコフィルとの共演も実現する。しかしバッハの作品を演奏する時には、ピアノという楽器では限界を感じて満足できなかった。おりしも音楽院にチェンバロのクラスが開設されたのを機に専攻を変え、チェンバロ奏者ズザナ・ルージチコヴァが誕生する。彼女の弾くバッハのイタリア協奏曲第2楽章(ゆっくりした音楽)は、チェンバロではあり得ないほど歌に満ちた美しいものだった。

1956年、西ドイツで開催されたチェンバロコンクールで優勝。ファイナルの演奏がきっかけとなり、フランスに留学する奨学金を取得することができた。パリでチェンバロを学ぶという彼女の夢が、大戦という災禍をまたいで、ついに実現したのだ。

ドイツ国内で演奏する時、ルージチコヴァの心中は複雑だった。
あるコンサートで、聴衆の中にアルベルト・シュペーア(ヒトラーが最も寵愛した建築家)がいたと知ったルージチコヴァは、ぞっとするような、おぞましい気分になった。 「ナチスの人々が高い教養をもっていたとか、楽器を美しく奏でる能力があったとか、到底肯定できません。彼らは精神を病んでいて、音楽を以てしても救うことは出来ないのです。ゲーテやシラー、トーマス・マンやバッハを輩出した民族が、あのように野蛮になれること自体、私たちはいまだ理解できていません。戦後もなお、全ヨーロッパがユダヤ人に起こった出来事に目をつむったのです」。

ルージチコヴァを精神的に救ったのは、夫で作曲家のヴィクトル・カラビス(1923-2006)だった。彼は亡くなるまでずっと、「なんでも自分に話してしまいなさい!」と妻に言い続けた。ルージチコヴァの収容所体験のトラウマを解くこと、彼はそれを人生の課題と考えていたのだ。
vk_convert_20170302235601.jpg (カラビス氏、 CDジャケットの写真)

夫の言葉と並んで救いとなったのは、音楽自身がもつ言葉である。彼女の弟子エスファハニによると、『半音階的幻想曲とフーガ』について、かつてルージチコヴァが次のように話したという。
「フーガの前に置かれた幻想曲は『嘆き』なのです。バッハ自身、多くの悩みを抱えた人物でした。フーガに入ってテーマが再登場する時、それはこう言っているのです。『きみは地面の上の小さな虫けらに過ぎないのだよ。しかし、きみの存在を高みへと昇華してくれる秩序がここにある。それは人間的なものを、精神性へと高めてくれる救いなのだ』と」。

チェコスロバキアでは1948年から1989年まで、共産主義体制が続いた。ルージチコヴァの名声が確立して以降も、党員に属していないという理由で、夫婦とも低い身分と見なされていた。 「共産党員以外は第二ランクの市民とされていました。『プラハの春』以降今でも、共産主義とも資本主義とも違う第3の道を、私たちは探し求めているのです」。 (彼女が音楽院で教授に昇格したのは、共産主義体制崩壊後、1990年以降のこと 訳者注)

ルージチコヴァに聞きたいことは尽きない。祖国について、夫であったカラビス氏の音楽について、同世代の作曲家たちについて、インタビューを受ける彼女の前に置かれた写真の数々… リヒテルと並んでいる写真、少女時代に撮られた家族の写真、お爺ちゃんの横で笑っている少女… これらすべての経験は、彼女の音楽に昇華されたのだ。

収容所に着いた時に握りしめていた楽譜、彼女のお守りとなった曲「バッハ:ホ短調サラバンド」。ルージチコヴァの演奏を聴くと、落ち着いたテンポで、悲しすぎず主観的過ぎず進み…..しかし最後にたった一音、バッハが書かなかった音が弾かれる。その一音Gis(ソ♯)によって、サラバンドは希望に満ちたホ長調へ転じて終わっている。(ホ短調の第三音であるソをソ♯にすると、ホ長調の主和音になる 訳者注)


翻訳終わり
いや、なかなか大変な翻訳でした。えらいこっちゃった。肩がこりましたです。
昨年、ズザナ・ルージチコヴァ90歳記念としてバッハ全集が発売されまして、このインタビューは、その紹介を兼ねて行われたものです。
なお、文中に彼女の使用する楽器についての専門的な記述がありましたが、長くなるのでその部分は割愛しました。もしチェンバロの器種云々について書かれた部分にご興味がある方がいらっしゃいましたら、コメント欄でご一報くださいね。
原文(ドイツ語)は こちら
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://olive510.blog.fc2.com/tb.php/446-a3b1c5e7