2017.03.30 環境の仕事
今日は ドイツではお馴染みの職業のご紹介です。この仕事、日本ではまず見かけません。あのディズニー映画「メリーポピンズ」にも出てきました…
煙突掃除人 !
ドイツでは伝統的な職業のひとつで、地方ごとに「煙突掃除協会」もあるし、かっこいい制服もあるし、職業訓練校には煙突掃除訓練生がいるのです。もちろん男女共学!

今日はドイツの放送局のサイトから、職業紹介の記事を訳してみました。以下訳文


煙突掃除人… 高い所で環境保護をになう
220px-Schornsteinfeger,_Wanfried,_Deutschland,_IMG_8113_edit


煙突掃除人といえば、暖炉や煙突を掃除する人… というのは昔の話。
今では安全・環境・エネルギー分野のエキスパートとして、設備の維持管理や排気ガスの測定などを行う職業である。

「おはようございます」  煙突掃除人ユリアンが、顧客の家を訪問する。3階の天窓に梯子をかけて屋根へ上がり、瓦の上を注意深く歩く。17歳になるユリアンは、まだ職業訓練2年目の見習いだ。「マイスター試験」に合格した同僚と一緒ならば、仕事を請け負うことが出来る。安全ベルトなどはつけずに屋根の上を歩く仕事なので、注意深さと平衡感が必須だ。煙突掃除が終わると、次は地下室でたまった煤を掻き出して捨てる作業だ。

次の仕事は親方ノエ氏と一緒に、新しい暖炉の点検作業。ドイツでは新しく暖炉を設置すると、使う前に煙突掃除人が点検する法令があるのだ。ユリアンは定規を手に、暖炉とその周りの可燃物との距離を測る。環境汚染物質がないことを確認。次は暖炉から煙突内部を専用カメラで撮影し、電線や損傷がないか確認。すべてOK。親方ノエ氏が、「暖炉使用可(まきを燃やしてもよい)」証明書を顧客に手渡して仕事は完了だ。

煙突掃除人の仕事の要は、環境保護にある。彼らは現行の法律や政令を熟知している人なのだ。それぞれの暖炉で、基準を越える物質が排出されていないか測定し、環境破壊を防ぐ。訓練生たちは、そうした知識を職業訓練校でたたきこまれる。
220px-Defektes_Abgasrohr_einer_Gas-Heizung.jpg

220px-Kaminfegerausbildung-2008_09_10_038.jpg


訓練生3年目になる18歳のパトリックを現場で指導するのは、女性煙突掃除マイスター(親方)のベティーナ。一軒家の地下暖房室で、一酸化炭素や二酸化炭素の値、排ガス温度などを測ったり、農家の燻製室を清掃点検する。ここフランケン地方では、燻製室のある家が多く、年に一度の点検は必須なのだ。屋根裏にある燻製室は幅1.5m 高さ2mほどで、30分ほどの作業が終わる頃には作業服が燻製臭になり、顔には煤がつくが、パトリックは気にしない。これが仕事なのだ。
schornsteinfeger_metallrohr_convert_20170330203855.jpg

パトリックは言う。「汚れるし、夏の屋根の上はものすごく暑いし…この仕事は体力に自信がないとだめなんだ」。

翻訳おわり
ベンツやBMWの国で煙突掃除…というと驚かれるかも知れませんが、これは決して古くさい仕事ではないんですね。
環境の仕事だからこそ、女性も加わるようになっているのでしょう。
画像はヘッセン職業訓練学校HPならびにWikiからお借りしました。
翻訳原文は こちら
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://olive510.blog.fc2.com/tb.php/448-725cdbfb