FC2ブログ
2017.08.31 夏の終わりに
CIMG0318_convert_20170831114436.jpg

先日のこと、蒸し暑い中をえっちらおっちら、東京駅まで出かけました。

旅行ではありません。駅前にある丸善書店の本店へ…… 

目的の洋書売り場で ドイツ語初級テキスト を物色。

じつは仕事仲間のSさんに、ドイツ語を教えることになったのです。
手を抜かずに良い教材を用意しなければなりません。

教材は、日本の出版社のもの&ドイツで出されているもの、2本立てでいくことにしました。
メインに選んだ Szenen(三修社)。これはすでにネットで購入。
CIMG0322_convert_20170831120041.jpg

CIMG0323_convert_20170831120226.jpg

イラストも可愛いし、文法の説明もそこそこあって、良いテキストです。

そしてサブに選んだのが丸善で買ったSTUDIO21。 ドイツの出版社のものです。
語学学校に行くと、こういうシリーズを買わされますね。
CIMG0321_convert_20170831120503.jpg


なぜ三修社の方をメインにするかというと、ドイツ語だけで書かれた教科書は、場合によっては回り道になるから。
日本で育って、朝から晩まで日本語で仕事している人がかじる外国語ですから、和文で説明されていることが重要なのです。発音は付属のCDを聴けば事足ります。
ドイツ版の教材は、ドイツに住む若い外国人が、現地の語学学校に通うことを想定していて、少しやりにくい面があるからです。

目標は1年後に、簡単な会話のキャッチボールができること
 
もう一冊、土井善晴さんの料理本 きれいな味作りのレッスン は、最近結婚して御飯づくりに四苦八苦している娘に買いました。この方の提唱する「一汁一菜のすすめ」には、すごく共感しているので。
娘のために買いましたが、自分で面白がって使っています。あげるのやめちゃおうかな。

土井さんの素敵なインタビュー、リンクをはっておきますね。 こちら
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://olive510.blog.fc2.com/tb.php/460-92332969