FC2ブログ
2017.10.12 服喪の白鳥
ドイツの新聞に風変わりな「パートナー募集」記事を発見。
募集しているのは人間ではなさそうですよ。
舞台はドイツ南部、チューリンゲンの森に近い、レーデンタール市。
募集を呼びかけているのは、市内ローゼナウ公園の城庭園管理部とのこと。
8月10日 ヴェルト紙より、以下訳文

schloss2.jpg
   (ローゼナウ城)

ローゼナウ公園内には2ヘクタールの池があり、2羽の黒鳥が飼われている。
「このローゼナウ城の歴史には、黒鳥が大きな意味を持っています」と、庭園管理部長のシューベルト氏は言う。
黒鳥のために今年7月、由緒ある造りを再現した黒鳥舎が完成。冬季にはこの建物が、黒鳥の越冬施設となる予定である。

trauerschwann_convert_20171012155633.png
 (ローゼナウ城の黒鳥。以前のペアの写真)

ローマ時代の詩人ユウェナリスは、「貞淑な妻というものは、黒鳥ほどに珍しい」と言った。(なんのこっちゃい?訳者注)
つまりそれほど黒鳥は珍しいのである。ドイツ国内の生息数は50羽ほどと見られている。

trauerschwann3.jpg
   (飛行中だけ内側の白い羽が見える)

ローゼナウの黒鳥の由来は、イギリスのヴィクトリア女王時代に遡る。
女王の夫となったのは、このローゼナウ城出身のアルバート王子だった。その後早世した夫への追悼に、女王がローゼナウ城へ2羽の黒鳥を贈ったのである。
以来、池の黒鳥はこの城の伝統となった。
(ドイツ語で黒鳥のことを「服喪の白鳥」という。訳者注)

ところが今年7月、大事件が起こる。1羽の黒鳥が忽然と消えてしまったのだ。
その後の捜索で、池の近くに残された羽や骨から、キツネに襲われたことがわかった。

公園管理部は、残った1羽のパートナー探しを猛然と開始した。
呼びかけはメディアはもとより、広く一般市民にも向けられている。
「手に入るならば雄雌は問いませんが、そもそも番で飼われているケースが多く、1羽だけの入手はむずかしいと予想されています。越冬施設も完成済みで、いつでも迎え入れられるのですが...」と、シューベルト氏は言う。

現在も、「黒鳥求む」の募集は続いている。ご自宅に黒鳥を飼っている方は、ぜひローゼナウ城へご連絡下さい。
schloss_convert_20171012162642.jpg (新緑のローゼナウ城)

翻訳おわり
これは8月の記事訳ですが、今ローゼナウ公園のHPを見ても、パートナーが見つかったという文は見当たりません。募集は難航しているのかも。

もと記事は こちら
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://olive510.blog.fc2.com/tb.php/464-98c2a3f5