FC2ブログ
2017.10.30 新ペア
10月16日のブログで、ドイツのローゼナウ城公園の黒鳥の話を載せました。

イギリスのヴィクトリア女王の夫君アルベルト公子は、このローゼナウ城の出身でした。
早世した夫を追悼するために、ヴィクトリア女王が夫の故郷ローゼナウ城に2羽の黒鳥を贈った........という歴史があって…
以来2羽の黒鳥が池にいることは、城の伝統になっていたそうですが、その一羽がキツネに襲われてしまい、残った一羽のために「パートナー探し」が行われていました。

その後の消息を知らせる記事がうまく見つからなくて、その後どうしたかなぁと思っていたら......

すでに8月中に新入りさんが見つかっていたらしい。
インゴルシュタットで黒鳥を飼っている人が譲ったみたいです。
短い報道文を翻訳してみますね。

鮟帝ウ・_convert_20171102235906

新入りの黒鳥は、インゴルシュタット市で飼育されていたもので、すでにローゼナウ公園に移送された。
池に放したところ2羽の出会いは順調で、並んで池を泳ぐようになり、関係者は胸をなでおろしている。

さて、ここから愛の物語へつながるかどうか気になる所だが、新入りの鳥はやっと9か月になったばかりで、性別がわからない。黒鳥は生後3年たたないと性別を判定できないのだ。
しかしペアーの性別よりも、今はとにかく2羽が仲良くなること、お互いを受け入れるが大切だと城を管理する人々は言う。そして今、仲良さそうに並んで泳ぐ2羽を見ていると、素敵なハッピーエンドを期待してもよさそうである。

翻訳おわり
インゴルシュタットはローゼナウと同じバイエルン州にあります。
高級自動車アウディの本拠地ですね(^^)
写真の右側の鳥が新入りの若い子でしょうか。
何年かたってもし2羽が同じ性別だったら、みんな多少はがっかりするのでしょうが、とにかく今は新しい鳥を迎え入れられて大喜びのようです。

今日明日とバタバタしているので、コメント欄閉じますね。
お読み下さり有難うございます!!!!


スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://olive510.blog.fc2.com/tb.php/467-b9a380a2