FC2ブログ
2018.02.22 葛西選手
オリンピックで日本の選手が活躍していますね!
日本のジャンプ界レジェンド・葛西選手について、ドイツのツァイト紙が大きく紹介していましたよ。

記事では葛西選手をDer ewige Kasai と呼んでいます。
直訳すると 「永遠の葛西氏」
この ewig という形容詞には、単なる長期間という意味を越えて、「不滅」に近い意味が込められていると思います。
しかも、この記事は愉快なアニメーション付き!
一応リンクはっておきますね。(2月10日の記事です)
記事を開くと自動的にアニメがスタートして、彼が空中にいる時間がカウントされていく仕組みです。
葛西選手がいかに長時間 「空中にいた」 か、動画の長さで表されているようです。
クリックしていただくと、アニメ付き記事に飛びます。
こちら

以下ツァイト紙の訳文。
平昌でのインタビュー場面から始まります。

noriaki-kasai_convert_20180222204750.jpeg

葛西紀明と、飛行の夢

日本のスキージャンプ選手・葛西紀明(45)は、8度目のオリンピック出場選手である。30年間に及ぶキャリアで、彼はどれほど長く飛んだのだろうか?
平昌で葛西選手に尋ねてみた。

気温マイナス10度。体感温度はさらに低い。
そびえ立つジャンプ台の下でかれこれ15分間も葛西は雪上に立ち、インタビューに答えている。
われわれの質問に葛西はニヤリと笑い、考える。
その質問とは…… 「30年間に及ぶキャリアで、飛んだ距離の合計は? あなたが空中にいた時間の合計は?」

しばらく考えて彼は答えた。
「たぶん、世界を一周するくらい飛んだかも」

葛西は世界選手権に13回、ワールドカップに537回参加している。生物学的に驚異的であるばかりか、観衆に愛される選手であり、ジャンプ台のマスコットとも言える存在である。彼はいつでもそこにいる。

それにしても本当の所、彼はどれだけ飛んだのだろうか?
私たちは彼の競技記録の数字を足し算してみた。
すると、ジャンプ数は1272回、 飛行距離は15万6000m(=156キロメートル)という数字となった。世界一周まではいかないものの、ベルリンからマグデブルクの距離にあたる。

そして総飛行時間の換算は、約96分間。
96分もの間、葛西は空中を飛んでいたのだ。
数え切れないほどの回数になるであろう練習・プローベ・予選でのジャンプは、上の数字に含まれないので、おそらく実際はこの50倍ほどはあるだろう。
私たちは記事に載せたアニメーションで、彼の飛行距離を表現してみた。

葛西はまるで、どんどん若返っているように見える。その若々しさの理由を尋ねると、彼はそういう遺伝子なのだろうと答えて、微笑む。慎重なたどたどしい英語も彼の好感度に貢献する。

ほとんどすべてのライバルたちは、彼「Nori」の息子の世代なのだ。
オーストリアのシュテファン・クラフトは「ジャンプで手を下向きに構えるやり方は、葛西選手を見習いました」と語る。
すでに引退したスヴェン・ハンナバルトも、ツァイト紙のインタビューで、「葛西は私より以前から選手であり、一緒に飛んだ時期があり、そしていまだ現役で飛んでいるのです」と語っている。

訳文おわり(長い記事なので、ここまでにします)
どれだけ飛んだ? というのはなかなか面白い視点ですね。しかも粋なアニメーション♡
平昌ではメダルを取れませんでしたが、まだまだ活躍してくれそうですね(^^)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://olive510.blog.fc2.com/tb.php/480-fe1fa0c1