FC2ブログ
2018.03.26 クイズ
前回のブログに続いて、もう一回渡り鳥の話題です。
ドイツ自然保護協会(NABU)のサイトを見ていたらクイズが載っていたので、いくつか訳してみますね。
題して 渡り鳥クイズ
ちょっと易しいかな~...

140804-nabu-blessgans-frank-derer5_convert_20180326221750.jpg

1 南方へ向かって渡る理由は?
     A 暖かさを求めて
     B 南の土地の方が多くのエサがあるから
                
2 ドイツで繁殖する鳥は250種。
  そのうち、渡り鳥はどれくらいいる?
     A 40種
     B 120種
     C 200種


3 ツルがスペインの越冬地へ渡ってゆく時、平均飛行速度はおおよそどれくらい?
     A 22km/h
     B 68km/h
     C 134km/h

4 次のうち、大きな群れを作って渡るのはどれ?
     A ヨーロッパコマドリ
     B アトリ 
     C ナイチンゲール 
     D モズ

5 コウノトリやトビが楽に飛ぶために使うのはどれ?
     A 熱上昇風
     B 磁気
     C 南風

6 往復の渡りで4万キロという長距離を飛ぶのはどれ?
     A コウノトリ
     B マヒワ
     C キョクアジサシ
     D ノハラツグミ

7 渡りの方角を定めるのに関係ないものはどれ?
     A 風
     B 星座
     C 太陽の位置
     D 川や海岸線などのランドマーク
     E 地球の磁気

8 冬にいなくなる鳥について、アリストテレスが唱えていた説は次のどれ?
     A群れごと洞窟の中で冬をすごす
     B冬になると他の生物に姿を変える
     C湖の底で冬眠している

訳文おわり
答えは 
1 B 2 B
3 B 4 B   
5 A 6 C
7 A 8 C

皆さんには易しかったかな? (って言いながら私は2つ間違った
私は4番がわかりませんでした。Aのコマドリかなと思ったら、正解はアトリ。
何千もの鳥が雲のように大きな群れを作ると、猛禽類などに襲われた時に、瞬間的に群れの姿を変えることで捕食者を惑わせることができる。しかしこのような速い飛翔は多くのエネルギーを必要とすることが、ハトの実験でわかっているそうです。

「万学の祖」と言われるアリストテレスは、鳥たち(とくにツバメ)が、両生類のように湖の底にもぐって冬眠する説を主張していたそうな。へぇ~、おやまぁ!

クイズの原文(ドイツ語)は こちら
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://olive510.blog.fc2.com/tb.php/483-0d50b613