FC2ブログ
コルマールは、オー=ラン県の県庁所在地で、ストラスブールから70kmほど南の街です。
フランス国鉄のter(特急券不要の急行列車)で30分ほど。
おりから国鉄のストライキが行われていて不安でしたが、幸いなことに予定どおりの夕方の列車に乗れ、無事コルマール駅に到着しました。
しかし駅の出口へ上がるエレベーターは当然のごとく 故障中!  
トランクを持っての長い階段に難儀しましたが、近くの方に助けていただき、なんとか駅舎の外に出ることができました。

CIMG0651_convert_20180625194303.jpg


コルマールには2泊しました。本当に美しく気持ちの良い街でしたよ。
ささやかながら私のバカチョンカメラで撮った写真をご覧くださいね。

まずはコウノトリの件から(^^)
アルザスはコウノトリの里として知られています。アルザスのシンボルですから、どの土産物屋の店先にも、足の赤い大小コウノトリ人形がぎっしりならんでいました。

CIMG0771_convert_20180625173432.jpg


初日、とりあえずミニトランに乗って旧市街を一周。ガイドは日本語も選べるようになっています。
CIMG0656_convert_20180625162202.jpg


屋根にコウノトリの巣があることで有名なサンマルタン教会を通りましたが、巣はお留守のようです。
もう子育ては終わってしまったのかしら…と、ちょっとがっかり。
CIMG0660_convert_20180625162320.jpg


その後散策を終えて一旦ホテルで休み、夕方旧市街へ行ってみると、遠くに見えるサンマルタン教会の巣に何かが立っているのが見えます。
コウノトリだっ!! 
人ごみを縫って5分、教会の下まで来ました
見上げると、巣の近くを悠然と飛ぶコウノトリが! なんて美しいんでしょう

カメラを空に向けてシャッターを押しますが、バカチョンカメラで飛んでる鳥を写すのは無理でした
肉眼ではもっと大きくはっきり見えているんですけど。
CIMG0726_convert_20180625162802.jpg

自分の目に焼き付けるしかなさそうです

巣の中にいるコウノトリに出会えたのは翌日のことでした。
CIMG0749_convert_20180625164725.jpg

CIMG0754_convert_20180625165615.jpg


羽繕い中。
CIMG0750_convert_20180625164845.jpg

 たぶん、巣の中のヒナをお世話中のお母さん
CIMG0768_convert_20180625172727.jpg

左端に、ヒナのものらしい白い羽が見えます。
CIMG0767_convert_20180625173209.jpg


CIMG0682_convert_20180625173915.jpg

巣の外観はこんな感じです。
屋根の左端に巣が乗っていますね。


自分用のおみやげにコウノトリを一羽購入(^^)
CIMG0895_convert_20180625174303.jpg

次回はほんとに美しい街の様子をお話ししますね。










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://olive510.blog.fc2.com/tb.php/492-936ada31