FC2ブログ
前回は、コルマールの教会屋根で子育て中のコウノトリをご紹介しました。
ヨーロッパのコウノトリは シュバシコウ という種類で、くちばしも脚も赤いのが特徴です。

さて、美しいコルマール旧市街は、どちらを向いてもこんな感じです。

CIMG0756_convert_20180629002225.jpg

奇跡的に戦火を免れ、中世の面影を残し、さらにドイツ&フランスの両文化が入り混じった街並みです。
下は旧税関付近の、カフェや土産物店が並ぶ一角。

CIMG0692_convert_20180629002625.jpg

水路の周りは花で埋め尽くされています。

CIMG0680_convert_20180629002502.jpg


 この旅の目的のひとつだった プフィスタの家

CIMG0689_convert_20180629002847.jpg

 宮崎アニメ 「ハウルの動く城」で、ソフィーの勤める帽子屋のモデルとなった建物です。
現在1階はワイン屋さんになっていますが、もともと1537年に帽子商人によって建てられたそうです。

別の角度から見た写真
CIMG0759_convert_20180630184606.jpg

2階壁面には美しいフレスコ画が残っています。
3階がせり出して建てられているのはこの地方の建物の特徴で、昔は1階面積に対して税金が課されていたので、節税のためにこのような建築が多いのだそうです。

川沿いの プティットヴニーズ (小ベニス)地区も花がいっぱいでした。

CIMG0710_convert_20180629003348.jpg

川に浮かぶ小舟は観光用です。

CIMG0666_convert_20180630190415.jpg

 右側の建物はマルシェ・クヴェール。 町の屋内市場です。

CIMG0702_convert_20180630191010.jpg


中はこんな感じでさまざまな食料品でいっぱい!

CIMG0707_convert_20180629003534.jpg


CIMG0705_convert_20180630191519.jpg

さすが農業大国フランス!
野菜・肉・チーズ・花........
香辛料やカマルグ塩なども、面白いものがたくさん並んでいましたよ。

CIMG0708_convert_20180630191938.jpg

持ち帰れるならあれもこれも、ほしいものが沢山あったのですが、じつは私のスーツケースはパリで知人に渡すための日本食の山と、すでにストラスブールで買った焼き菓子でずっしり!
これ以上重くなるととパリへの移動に支障が出そうだったので、この場は買い物を控えるしかありません 
う~~ん、またいつか来よう 

続きます。









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://olive510.blog.fc2.com/tb.php/494-53956b8c