またぞろ、バースデーです......私の。
1年前に祝ったばかりですが(笑)、今年もやってきました。

「ひとつ年を重ねた日」というよりは、
『この年まで健康に生きられた祝日』 と思うことにしましょう。

大きなバースデーケーキももらいました。
CIMG0082_convert_20170512222347.jpg


あ、もちろん ロウソクなし です。
ケーキの上がタイヘンなことになっちゃいますから(*´ω`)┛
2017.04.28 春の旅立ち
うちのベランダの越冬サナギが、ついに蝶になりました!

越冬蛹は今年ひとつだけ。
冬の間、蛹のついた割りばしを植木鉢に挿し、段ボールのふたをして真っ暗にしてベランダのすみに置いておきました。

越冬蛹くんの場合、気がかりは「早すぎる羽化」 です。
4月上旬は暖かい日もあるけれど、春の嵐や寒の戻りで、あまり気分よく送り出せませんから、なるべく4月半ばまで眠っていてほしい.......
そろそろよいかな.....と、段ボールのふたを取り、光を入れたのが4月10日。
2週間ほどで、蝶の姿が透けて見えてきました。

4月24日
 CIMG0062_convert_20170428210555.jpg
翌日羽化するのがわかるほど姿がはっきりしたので、割りばしを植木鉢に挿しておきます。

4月25日
朝、今にも羽化しそうな感じになってきました。
CIMG0066_convert_20170428210625.jpg

1時間後、
蝶になっていました!
CIMG0067_convert_20170428210657.jpg

10月末から半年、よく生き延びてくれました
その後仕事に出かけてしまったので、旅立ちは見届けられませんでしたが、暖かな日差しをあびて飛んで行ったことでしょう。


2017.04.17 山椒ご飯
Tシャツ一枚で過ごせるようになりましたね!
先日、ご近所の裏通り (いつもは通らない道) を歩いてみたら、
土筆! 

CIMG0048_convert_20170417195317.jpg

環状8号線近くのごみごみした場所です。
CIMG0049_convert_20170417195817.jpg

前日の雨でしおれていますが嬉しい発見でした。


うちの小さいベランダの植物も、芽吹いてきました。
山椒の植木鉢に新芽がぎっしり!
CIMG0044_convert_20170417195020.jpg

この鉢植えは、ムシ君(アゲハの幼虫)の食草がなかなか調達できなくて、2年前くらいに買ったものです。
せっかくなので、新芽を料理しましょう。
山椒の炒めご飯 なんてどうでしょう。

具は山椒の葉だけ。
ご飯をさっと炒めて火を止める間際に山椒を混ぜ込みます。味付けは塩と醤油少しのみ。

CIMG0046_convert_20170417195110.jpg
      
      

CIMG0047_convert_20170417195154.jpg

春の味です! 山椒の葉はもっと沢山入れたほうがよかった
2017.03.30 環境の仕事
今日は ドイツではお馴染みの職業のご紹介です。この仕事、日本ではまず見かけません。あのディズニー映画「メリーポピンズ」にも出てきました…
煙突掃除人 !
ドイツでは伝統的な職業のひとつで、地方ごとに「煙突掃除協会」もあるし、かっこいい制服もあるし、職業訓練校には煙突掃除訓練生がいるのです。もちろん男女共学!

今日はドイツの放送局のサイトから、職業紹介の記事を訳してみました。以下訳文


煙突掃除人… 高い所で環境保護をになう
220px-Schornsteinfeger,_Wanfried,_Deutschland,_IMG_8113_edit


煙突掃除人といえば、暖炉や煙突を掃除する人… というのは昔の話。
今では安全・環境・エネルギー分野のエキスパートとして、設備の維持管理や排気ガスの測定などを行う職業である。

「おはようございます」  煙突掃除人ユリアンが、顧客の家を訪問する。3階の天窓に梯子をかけて屋根へ上がり、瓦の上を注意深く歩く。17歳になるユリアンは、まだ職業訓練2年目の見習いだ。「マイスター試験」に合格した同僚と一緒ならば、仕事を請け負うことが出来る。安全ベルトなどはつけずに屋根の上を歩く仕事なので、注意深さと平衡感が必須だ。煙突掃除が終わると、次は地下室でたまった煤を掻き出して捨てる作業だ。

次の仕事は親方ノエ氏と一緒に、新しい暖炉の点検作業。ドイツでは新しく暖炉を設置すると、使う前に煙突掃除人が点検する法令があるのだ。ユリアンは定規を手に、暖炉とその周りの可燃物との距離を測る。環境汚染物質がないことを確認。次は暖炉から煙突内部を専用カメラで撮影し、電線や損傷がないか確認。すべてOK。親方ノエ氏が、「暖炉使用可(まきを燃やしてもよい)」証明書を顧客に手渡して仕事は完了だ。

煙突掃除人の仕事の要は、環境保護にある。彼らは現行の法律や政令を熟知している人なのだ。それぞれの暖炉で、基準を越える物質が排出されていないか測定し、環境破壊を防ぐ。訓練生たちは、そうした知識を職業訓練校でたたきこまれる。
220px-Defektes_Abgasrohr_einer_Gas-Heizung.jpg

220px-Kaminfegerausbildung-2008_09_10_038.jpg


訓練生3年目になる18歳のパトリックを現場で指導するのは、女性煙突掃除マイスター(親方)のベティーナ。一軒家の地下暖房室で、一酸化炭素や二酸化炭素の値、排ガス温度などを測ったり、農家の燻製室を清掃点検する。ここフランケン地方では、燻製室のある家が多く、年に一度の点検は必須なのだ。屋根裏にある燻製室は幅1.5m 高さ2mほどで、30分ほどの作業が終わる頃には作業服が燻製臭になり、顔には煤がつくが、パトリックは気にしない。これが仕事なのだ。
schornsteinfeger_metallrohr_convert_20170330203855.jpg

パトリックは言う。「汚れるし、夏の屋根の上はものすごく暑いし…この仕事は体力に自信がないとだめなんだ」。

翻訳おわり
ベンツやBMWの国で煙突掃除…というと驚かれるかも知れませんが、これは決して古くさい仕事ではないんですね。
環境の仕事だからこそ、女性も加わるようになっているのでしょう。
画像はヘッセン職業訓練学校HPならびにWikiからお借りしました。
翻訳原文は こちら
2017.03.18 小さい春
うちのベランダの植物にも 小さい春 がやってきました。
都会のマンションの、猫のひたい程の物干し場ですが...

満開の ローズマリー
DSCN1364_convert_20170318215348.jpg


そしてシクラメンの、 『お局さま』  
1週間前から室内へ入れました。わが家での開花 11周年。
DSCN1377_convert_20170318215810.jpg

昨秋の肥料が少なめだったせいか、例年より小ぶりですが、それでも直径50cm。


それから、たった1個だけ実った キンカン
DSCN1374_convert_20170318215741.jpg


アゲハのサナギは2つ。段ボールに入れて越冬させましたが
DSCN1367_convert_20170318215542.jpg

先日確認したら、ひとつはダメになっていました。
DSCN1368_convert_20170318215615.jpg
色が変わって完全に死んでしまっています。
寄生虫かどうか、原因はわかりません。

よって、無事に越冬した蛹はひとつだけ。
DSCN1369_convert_20170318215651.jpg

そしてですね、昨年末にジャガイモを大量に頂きました。
残念なことに、もらった時すでに芽が出ていた!…ので
おすそ分けすることも出来ず、食べ切れなかったものを仕方なく、空いていた鉢に埋めてみました。
捨てるわけにもいきませんからね。

そうしたら、まぁ葉っぱが茂って
DSCN1365_convert_20170318215509.jpg

こんな感じのが2鉢あります。
私ったら、ジャガイモを栽培してしまいました!
これはどうなるんでしょうか?
花が咲いたら収穫できる?