2017.08.31 夏の終わりに
CIMG0318_convert_20170831114436.jpg

先日のこと、蒸し暑い中をえっちらおっちら、東京駅まで出かけました。

旅行ではありません。駅前にある丸善書店の本店へ…… 

目的の洋書売り場で ドイツ語初級テキスト を物色。

じつは仕事仲間のSさんに、ドイツ語を教えることになったのです。
手を抜かずに良い教材を用意しなければなりません。

教材は、日本の出版社のもの&ドイツで出されているもの、2本立てでいくことにしました。
メインに選んだ Szenen(三修社)。これはすでにネットで購入。
CIMG0322_convert_20170831120041.jpg

CIMG0323_convert_20170831120226.jpg

イラストも可愛いし、文法の説明もそこそこあって、良いテキストです。

そしてサブに選んだのが丸善で買ったSTUDIO21。 ドイツの出版社のものです。
語学学校に行くと、こういうシリーズを買わされますね。
CIMG0321_convert_20170831120503.jpg


なぜ三修社の方をメインにするかというと、ドイツ語だけで書かれた教科書は、場合によっては回り道になるから。
日本で育って、朝から晩まで日本語で仕事している人がかじる外国語ですから、和文で説明されていることが重要なのです。発音は付属のCDを聴けば事足ります。
ドイツ版の教材は、ドイツに住む若い外国人が、現地の語学学校に通うことを想定していて、少しやりにくい面があるからです。

目標は1年後に、簡単な会話のキャッチボールができること
 
もう一冊、土井善晴さんの料理本 きれいな味作りのレッスン は、最近結婚して御飯づくりに四苦八苦している娘に買いました。この方の提唱する「一汁一菜のすすめ」には、すごく共感しているので。
娘のために買いましたが、自分で面白がって使っています。あげるのやめちゃおうかな。

土井さんの素敵なインタビュー、リンクをはっておきますね。 こちら
じめじめしたお天気が続いていますね。

先日、新宿の伊勢丹デパートをうろついていたら、面白いものを発見。
ルバーブ!  

一袋1000円と高めですが、近所ではまず手に入らないので、即購入。

CIMG0309_convert_20170818224118.jpg

ルバーブには緑と赤2種類ありまして、これは赤ルバーブ。カリウムを多く含む植物です。

信州八ヶ岳山麓 富士見町特産品 と書いてありますね。
ジャムやお菓子用に使われる植物で、生では食べられません。早速ジャムにしてみました。

食べられるのは茎の部分です。セロリを少し硬めにした感じかな。
カットして、アクを取るためにしばらく水にさらします。

CIMG0316_convert_20170818221159.jpg

35~40%程度の砂糖と一緒になべに入れて、しばらく置いてから煮始めます。

CIMG0312_convert_20170818221230.jpg

レモン汁も投入。アクをすくいながら煮ると、すぐにトロトロにやわらかく溶けていきます。
少し煮詰めて出来上がり。

リュバーブにはアニス(中華で使う八角)が合うと聞いたので、煮始める時ににアニスのかけらをほんの少し入れましたが、もちろんなくてもOK
 CIMG0315_convert_20170818221324.jpg アニス(八角)

出来上がりです
CIMG0313_convert_20170818221255.jpg
 
味は、イチゴジャムを濃いめに甘酸っぱく、こっくりとさせた感じ。
朝食が楽しくなるぞ!
2017.07.30 遊び心
だいぶ遅ればせながら....
5月のパリ旅行で珍しい写真が1枚ありまして、ご紹介させてください。

パリに行く人は多いけれど、まず誰も気づかないよね…という証拠写真です。

タイトルは 遊び心のあるパリ警察

これはノートルダム近くの警察署です。
CIMG0145_convert_20170730224047.jpg

古くからあるのだろう立派な建築。
2階の外壁面に立像が見えますね。たしか4体だったかな。

CIMG0143_convert_20170730224402.jpg


ところが、立像のひとつが壊れてしまったらしい。年月による風化もあるでしょう。

「壊れちゃったね、どうする?」 という会話があったと推測。

無事な3体の像は、古風にして立派な衣装に身を包んだ女性像です。

「芸術的なのを再現するのは大変なんじゃね?」 という発言があったかと推測。

「立像なら何でもいいんじゃん?」 と言う人がいたと推測。

「面倒な衣装なんか、省いてもよくね?」 という発言があったと推測。

そして最後に偉い人がひとこと。
「よろしい、では裸でよい!」

CIMG0144_convert_20170730224436.jpg

ねぇ、見て!!
壁面の彫刻が一体だけ すっぽんぽんの女性裸体像
しかも掲げているのは ピンポンラケット

(足の後ろに、もとの像の残骸が少し残っていますね)

暑い中をフーフー言いながらノートルダムに向かっていた時、ふと横を見上げて私はビックリしましたね。え、まじ?
どう見てもジョークですが、場所は警察署。
みんな気づかないんだよね.... ふふふ


2017.07.15 卵の形
今日はドイツのツァイト紙から、科学欄に載った論文紹介を訳してみました。

飛ぶのは上手? …卵を見ればわかる!

vogelflug-eier-form-trottellumme_convert_20170715230458.jpeg

鳥の卵はその種類ごとに、球形、楕円形、片方のとがった円錐状…など色々である。形の違いについては「岩礁に住む鳥の卵の端がとがっているのは、岩を転がり落ちないため」とか、「一度に産み落とされる数に関係する」など諸説あり、その理由はこれまで解明されていなかった。

形の違いはどこからくるのか…. その謎を解くための研究論文が、このたびサイエンス誌に掲載された。調査を行ったのは、プリンストン大学のストッダード氏らの研究チームで、19世紀後半~20世紀初頭にかけて世界中から集められた1400の鳥種、5万個におよぶ卵の写真を分析し、その形状と生息環境や巣の大きさなどとの関連について、網羅的な系統図を作成した。

着眼点は卵の形状で、シンメトリーかどうか、楕円状ならばその楕円の細長さ。シンメトリーでない場合は一方の端がどれだけとがっているか。

外見からいうと、最もとがった卵はアメリカヒバリシギ(Calidris minutilla)、最も長い楕円はセレベスツカツクリ(Macrocephalon maleo)で、私たちの見慣れたニワトリの卵形は、必ずしも多数ではなかった。
250px-Least_Sandpiper.jpg
   (アメリカヒバリシギ)


さらにすべての鳥種で、飛行能力に直結するハンドウィング指数(翼の長さを指数化したものと思われます、訳者注)も考慮された。

その結果、「ハンドウィング指数の高い鳥」、言い換えると「飛行能力の高い鳥」ほど卵は楕円(つまり横長の形状の)、または先のとがった形が多数を占めることがわかった。たとえばヨーロッパアマツバメは生涯のほとんどを空中で過ごすことで知られているが、その卵はとても長い楕円状であり、飛べないダチョウでは卵は球形に近いものであった。

また卵の形が、鳥の種の進化とともに変わってきたこともわかった。研究者らは、ある種の鳥が飛行能力を発達させてきた歴史の中で、卵の形もそれに沿って進化したと推論する。

それは、鳥の体内で卵ができる過程で説明することができる。薄膜(Membran)に包まれた卵が輸卵管を回転しつつ進む。殻はまだない。(殻ができるのはずっと後の段階である)。つぶれ易いかたまりを薄膜が支えているこの過程で、卵の形が決まってゆくのである。体形が流線形で飛行能力の高い鳥ほど、骨盤も狭く、卵が細くならざるをえない。そして直径の小さい卵にヒナを格納するために、卵は少しでも長く、場合によっては先のとがった細長い形状へと進化したのだろうと、研究者らは推論している。

翻訳おわり
久しぶりの翻訳作業は気持ちよく疲れました
翻訳もと記事(ドイツ語)は こちら
2017.06.26 ツマグロさん
私はけっこういい歳ですが、いくつになっても思うのは.... 

人生は一難去ってまた一難!

事情はこうです。
今年はベランダの山椒の木にしっかり防虫網をかぶせ、アゲハ幼虫のお世話からやっと解放されました。
ところがですよ、半年前の1月のこと。
職場の角っこに誰も手入れをしない花壇がありまして、むき出しの土がさびしいので、ビオラの花鉢を買ってきて植えました。

私が植えた花なので、仕事の往き帰りに花殻を摘んだり、気にかけていました。
そして今、咲き続けた株も植え替え時。
シャベルで掘り返そうと思ったら..... 

ぎゃ~~~っ! 
真っ黒い毛虫がいくつも!!
これはですね、ツマグロヒョウモンの幼虫にちがいない。
ものすごく気持ちの悪いやつです。黑くてトゲトゲがあって、赤い線がある。
写真は載せませんよ。ゾッとしますからね。(私もゾッとしてます)

ツマグロヒョウモンといえば、ひと昔前は山地にいる蝶、都会にはいない蝶でした。
しかもこれは、「私のビオラで育ったツマグロヒョウモン」 ということになります。
我慢していくつかの毛虫をうちに持って帰り、ケースに入れておきました。

CIMG0246_convert_20170626231316.jpg

ツマグロさんのサナギは、不思議な突起があります。
金属ではないけれど、どう見ても金属的。
CIMG0259_convert_20170626231402.jpg

この金属的突起が金色はメス、銀色はオスなのだそうです。

そして、ツマグロヒョウモンが羽化しました!
CIMG0263_convert_20170626231429.jpg

CIMG0272_convert_20170626231453.jpg

CIMG0275_convert_20170626231521.jpg

これはメスさんですね。思ったより大きな蝶です。そして美しい!

ツマグロさんは蝶にはめずらしく、メスの方が派手な柄をしています。
オスは、黑い部分が少なくて、ヒョウ柄のみだそうです。

しかしねぇ、これほど気持悪い幼虫をうちに持って帰るとは.....
このような災難があるとは、ビオラの苗を買った時には想像もしませんでした。

ツマグロさんの食草はスミレの葉っぱです。最近のガーデニングブームで、庭先のパンジーで幼虫が育ち、都会で見られるようになった蝶なのだそうです。来年はビオラを植えるかどうか考えないとなぁ。。。。。